構造がわかればできる蛇口の水漏れ修理

住環境の中で水漏れは大変大きな問題になってきます。いろいろと水漏れする場所はありますが、蛇口は可能性の高いところのひとつです。水回りの中でも部品が多く、パッキンも使われていることから漏れやすいことは間違いありません。見える場所にあることから、水道 修理も行いやすいことは確かですが、難しいと思ったら専門業者に依頼することが一番です。

■構造は難しくはない

蛇口は、構造を覚えれば、パッキンの交換は難しくありません。劣化したパッキンを新しいものに交換するだけで修理は完了します。蛇口内のコマも劣化している場合もあるので、同時に交換すれば修理としては精度をあげることができるでしょう。
注意しなければいけないのは、蛇口には水圧がかかっているということです。水道管につながっているため、高い水圧がかかって送水されている状態ですので、このまま蛇口を分解してはいけません。近くに止水栓があるのであれば、止水してから修理することが必要です。

■埋め込まれているようなケースもある

蛇口はいろいろなところに取り付けられていますが、洗濯機用の場合、壁に埋め込まれているというケースもあります。修理交換ができるようになっていますが、じわりじわりと漏れてきているようなこともあるでしょう。蛇口を接続している部分から漏れているようなケースの場合は、専門業者に依頼するのが確実です。自分で行おうとするとうまくいかないことも出てくるため、点検を含めて早期に専門家に依頼するのが最も安心できる方法です。

■まとめ
蛇口の水漏れは、自分で対処できるものもありますが、無理をして修理するのは必ずしも得策ではない場合があります。水漏れは、本当にわずかな隙間からでも漏れてくることがあるため、自信がないような場合には専門家に依頼して確実に修理するほうが安心です。不十分な処置をしてしまうとあとからまた水漏れを繰り返すことにもつながります。状況に応じて対応を考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ