見えない場所になる排水の水漏れ修理

水は使えば流さなければいけません。これがとても重要になってきますが、そのためには、排水が重要な設備になってきます。セットになって取り付けられていますが、水が流れる場所ですから、水漏れする可能性も出てくるでしょう。使った水を流すという意味でも、確実に水漏れは止めなければいけません。早期の修理が必要になります。

■圧力はかかっていない

排水の場合、常時水が流れているわけではありません。使ったときに流すということになるため、強い圧力がかかるものではないのが特徴です。水漏れをするとなると、排水管の破損や、つなぎ目に使われている部材の劣化などが考えられるでしょう。内部で詰まって逆流するといったことも出てきます。
水道管はある程度見える場所にありますが、排水の大きな問題は、隠されていることが多いという部分です。あまり見えないような状況になると、どうしても水漏れがわかりにくくなります。臭いで気が付くこともありますが、衛生上、できるだけ確実な修理が必要になります。

■定期的な確認も

排水の修理は、パッキンの交換や劣化した部分に止水テープを巻くといった方法もあります。水圧がかかっていないことから、比較的簡単に外すことができ、新しい部材を購入して入れ替えることができるのであれば、素人でも対応は可能です。
しかし、目につかないようなところにあると、そうは簡単にいきません。それどころか、どこから漏れてきているかさえ分からないことがあります。定期的に確認することも必要ですし、修理もしっかりとしていかなければいけないため、専門家に依頼するという選択が確実です。

■まとめ
排水はわかりにくい部分があるため水漏れに気づきにくいのも確かです。また、下水から害虫が上がってきたりする問題も出てきます。床下で漏れてしまって、家自体を劣化させるようなこともあるのですから、できるだけ早期の修理が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ