水漏れ修理の前には水栓を閉める

水が漏れた時にどうするのか。何かあってから行動するのではなく、ある程度想定して対処方法を考えておかなければいけません。修理をするとしても、まずは水の流れを止めてしまう必要が出てくるでしょう。そのためには、水栓がどこにあるのかを見つけておき、いつでも対応できるようにすることが必要です。

■水量を調節する水栓

水栓とは、水道管に取り付けられている調節用の器具です。水を止めるというだけではなく、水を流し、その量を決める役割も持っています。通常は、全開にして、設備のほうで調節することになるでしょう。そのため、水栓を閉めなければ、高い圧力がかかったままになります。修理をする状況を考えるとわかりますが、非常に危険な状況です。
管などが破損して水漏れしている場合、圧力がかかったまま水道 修理しようと思えば、水が噴き出した状況のまま行うことになってしまいます。これは不可能です。破損個所が広がる可能性もありますし、危険性があまりに高いでしょう。交換となれば、さらに不可能になってきます。水の流れは、それだけ強いからです。

■水道管を追っていく

水栓は、水道管の途中に取り付けられています。水栓自体から水漏れするようなこともありますが、探す場合には水道管を追っていけばいいでしょう。水漏れした時には、まずは水栓を閉めてしまえばそれ以上の水漏れは起きなくなります。
修理を依頼する場合にも、まずは閉めて水が出ないようにすると被害は広がりません。修理業者が到着するまでの間も、心配はいらなくなるでしょう。

■まとめ
水漏れの初期対応としては、水栓を閉めることから始めていかなければいけません。修理のための部品を購入することも必要になってきますが、水栓を閉めればその間は漏れてこないため、重要なポイントです。修理の方法を考える時間もできますし、被害も最小限に食い止めることができるようになるのですから、普段からどこにあるのかを調べておくことは重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ